金融活動の中で正しくIMMを実践するための知識、模擬的経験、ヒントを得て、実践段階へのステップアップを支援します。

実践編とは

「実践編」は、既にインパクト・ファイナンスにおける基礎的な知識を習得し、インパクト・ファイナンス及びIMMをすでに実践している、あるいは直近でかつ具体的に実践のご予定がある資金提供者を対象に、基礎レベルから実践レベルへのステップアップを支援する研修です。

本研修では、北米・欧州・アジア等でインパクト投資・IMMの推進を行う米国Impact Frontiersとのコンテンツ提携により実施される全6回の講義を通して、実践を想定したケーススタディと実例に触れ、ご自身の専門とされる金融活動の中でIMMを正しく実践するための模擬的経験やヒントを得ることで、実務レベルでの理解とスキルを高めていきます。

さらに米国においてインパクト・ファイナンスを推進する方々との意見・情報交換の場も予定しており、国内外におけるインパクト・ファイナンス実務者とのネットワークを構築することができます。

実践編のねらい

RECOMMEND

こんな人におすすめ

大手銀行や地方銀行、信用金庫、ベンチャーキャピタルなど、国内・グローバルな社会的・環境的な課題解決及びインパクト創出の意思を持ち、投融資を行う資金提供者が対象です。

osusume-avt01
インパクト・ファイナンスの実践をするために必要な知識・スキルを得たい。
osusume-avt02
インパクト・ファイナンスを
社内で進めるためのポイントを知りたい。
osusume-avt03
インパクト・ファイナンスを
実践する中で疑問や課題を解決したい。

実践編は、これらの問いに答え、
インパクト・ファイナンスの実践に向けて後押しする場です。

インパクト・アナリスト研修「実践編」を修了された方々の一覧は下記ページにて掲載しております。

PROGRAM

プログラム

実践編では、Impact Frontiersとのコンテンツ提携により、実務レベルでの活用を見据えた研修プログラムを、日本語および英語で提供します。

グローバルな最新動向と知見を提供するとともに、各テーマ、トピックにおいては、海外の最新事例をケーススタディとして提供します。また、日米の講師とのディスカッションや、受講者同士のグループワークなどを通して、国内外でインパクト・ファイナンスを実践する方々とのピアラーニングの場を醸成していきます。

取り扱うテーマ

インパクトファイナンスとIMMの実践に必要とされるテーマを総合的に取り扱います。

講義

全6回(各回3時間)のオンライン研修を行います。講義では、事前課題やグループワークなどを盛り込み、実践を視野に入れたテーマやアプローチ、考え方を講師と受講者とともに学びます。

※使用言語は日本語ですが、講義の一部は英語で実施いたします。

Impact Frontiersについて

Impact Frontiersは、インパクト投資を志す投資家がともに学び、インパクト投資市場を協働で形成していくことを目指し、北米・欧州・アジアなどにおいて、インパクト投資及びIMMの実践支援や研修事業、投資家ネットワークの形成等を行うイニシアチブです。もともとは財務とインパクトを統合した「インパクト・フロンティア」を模索する12のインパクト投資家の協働事業としてスタート。後に2,000以上のインパクト投資機関や標準化団体が賛同するインパクト投資推進のためのグローバルネットワークであるImpact Management Project(IMP)と統合し、インパクト投資及びIMMに関する知見を提供してきました。2021年のIMPの発展的解消(一部は Impact Management Platform としてリニューアル)にともない、現在はImpact Frontiersとして、IMPによって開発されたリソースや知見をインパクト投資家へグローバルで幅広く提供しています。

INSTORUCTORS

講師

Mike-McCreless
Mike McCreless
Executive Director

Mike is Founder and Executive Director of Impact Frontiers, a peer learning and market-building collaboration supporting investors in pioneering new ways to integrate impact alongside financial risk and return in investment practices. In 2020, he led the investors participating in the first Impact Frontiers cohort to co-author the article “How Investors Can Integrate Social Impact With Financial Performance to Improve Both” in the Stanford Social Innovation Review, as well as an accompanying Investor Handbook.

Mike served concurrently as Head of Investor Collaboration at the Impact Management Project from 2019 to 2021. Prior to that, Mike was Head of Impact at Root Capital, where his article “Toward the Efficient Impact Frontier” was featured in the Winter 2017 issue of SSIR.

Nao-Sudo

須藤 奈応
Nao Sudo
Director

Nao is Director of Impact Frontiers, responsible for strategy, operations, and external relations. 

Prior to Impact Frontiers, she worked for the Japan Exchange Group for 15 years. 

Her interest in impact investing was sparked by her internship at the Impact Investment Exchange Asia. Since then, she has been actively involved in Social Innovation and Impact Foundation and Global Steering Group for Impact Investment Japan, the two major organizations taking a leadership role in promoting impact investing in Japan. She has facilitated working groups with more than 30 institutional investors and main authored GSG publications such as “Issues and Recommendations for Impact Companies Using Capital Markets”, “Principles for Impact Measurement and Management in Impact Investing: a Guide for Fund Managers” and “Guidebook for Impact Measurement and Management for Impact Investment” In 2021, she published her first book “Introduction to Impact Investing” from Nikkei.

MENTOR

メンター制度

実践編では、日本国内でインパクト投資において第⼀線で活躍される実務者の⽅々によるメンター制度を設けています。メンターはアセットクラスごとのグループにおける相談役として、Impact Frontiersによる研修内容を受講者が⾃らの実践に結びつけるためのお⼿伝いをいたします。

メンターリーダー
yuya-kato
加藤有也
Kato Yuya
⼀般財団法⼈ 社会変⾰推進財団(SIIF)事業部 インパクト・オフィサー
はたらくFUNDディレクター

総合出版社にて海外版権事業や国内外関連会社の設立・経営企画に従事したのち、CVCの設立・運営およびベンチャー企業との資本業務提携に携わる。2019年よりSIIFに参画し、インパクト投資家として日本インパクト投資2号ファンド(はたらくFUND)の運営、および新規インパクト投資事業の開発を担当。筑波大学第三学群国際関係学類卒、グロービス経営大学院経営学修士。

メンター
imamura

今村 敏之
Imamura Toshiyuki
野村アセットマネジメント株式会社
責任投資調査部長

1994年野村アセットマネジメント入社。 主に国内の公的年金基金向けの日本株式、外国株式運用を経て、2003 年よりニューヨークにて運用調査業務に従事。主に米国株式の調査を担当。 2006年に東京に戻り、投資信託の分析評価業務を行うグループ会社において、外国株式ファンドの分析を中心に担当、2008 年12月より同社ロンドン支店長。 2013年4月に野村アセットマネジメントに戻り運用企画部長。2016年4月より現職。

suzuki-thumb

鈴⽊ 栄
Suzuki Sakae
一般社団法人ソーシャル・インベストメント・パートナーズ(SIP)
代表理事兼CEO

2019年7月よりソーシャル・インベストメント・パートナーズの代表理事兼CEOに就任。それ以前は、KKRにて投資先企業の成長と変革を支援、マッキンゼーでは製造業やサービス業の企業における業務改善やグローバルマーケティング戦略策定と実行のコンサルティングに従事。その他、ZSアソシエイツ、グローバル・フレイト・エクスチェンジにてE-コマースプラットフォームの立上げ、ゲートウェイ・ジャパンにおいてオンラインセールスや経営企画を担当。カリフォルニア工科大学にて化学の博士号。

minoruhayashida

林⽥ 稔
Hayashida Minoru
三井住友トラスト・ホールディングス株式会社/三井住友信託銀行株式会社
経営企画部サステナビリティ推進部 主任調査役

京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 生物物理学系博士後期課程修了。 博士(理学)。2004年(独)理化学研究所入所。その後、民間企業にて新規事業開発、M&Aや海外投資業務に携わった後、コンサルタントとして独立した経験を経て、独立系ベンチャーキャピタルである(株)ファスト・トラック・イニシアティブに参画し、スタートアップに対するハンズオン投資に従事。2017年より現職。現在はインパクト投融資を通じた企業の価値創造プロセスを支援するインパクト・マネジメントを推進。

REQUIREMENTS

募集要項

インパクト・アナリスト研修「実践編」の募集要項及びプログラム(開催日時・各講義の内容)の詳細はこちらをご覧ください。

受講対象

社会課題解決や価値創造を志向する金融・投資機関などの資金提供者に所属し、インパクト・ファイナンスの基礎的な知識を習得した上で、インパクト・ファイナンス及びIMMをすでに実践している方。あるいは、直近でかつ具体的に実践のご予定がある方。

受講資格

  1. 金融・投資機関など、投融資を実践する資金提供者に所属していること
  2. インパクト・ファイナンスの基礎知識を持ち、インパクト・ファイナンス及びIMMをすでに実践していること。あるいは、直近でかつ具体的に実践のご予定があること。
  3. 事前課題を行ったうえで、オンラインでの全6回の講義に参加できること
  4. 英語での読解、講義の理解、最低限のディスカッションが可能なこと
  5. 自社における実践に限らず、インパクト・ファイナンスの発展に貢献する意欲があること

定員

12名(予定)

審査・選考

  • 受講申込書に記載いただいた内容をもとに、受講対象者に該当するかどうか、書類審査を行います。また審査の過程で個別ヒアリングをお願いする可能性があります。
  • 定員を超える受講申込がある場合は、書類審査及び個別ヒアリングの結果により選考を実施します。

会場

オンライン(Zoom)
※講義を受講できる環境であれば、日本全国・海外からの受講も可能です。

使用言語

  • 講義における主な使用言語は日本語ですが、講義の一部は英語で実施いたします。
  • 主な講義資料は英語のみになります。

期間

  • 期間:2022年9月13日(火)~11月22日(火)
  • 講義:全6回(各回3時間)

※各講義の内容及び開催日時は「募集要項・プログラム」をご覧ください。
※講義のほかに、各回2時間程度のグループによる事前課題(第1回目の事前課題は「自己紹介シート」の作成)を行う必要があります。

受講料

一般価格 SIMIエンゲージド・メンバー価格
「基礎編」修了者 60,000円(税込66,000円) 55,000円(税込60,500円)
「実践編」のみ受講 120,000円(税込132,000円) 115,000円(税込126,500円)
  • 「基礎編」をすでに修了された方・見込みの方は、「基礎編」修了者の受講料となります。
  • SIMIエンゲージド・メンバー価格は、個人会員の場合はご本人のみ、組織会員の場合は同法人・組織にご所属の皆様が対象となります。
  • 本講座のお申し込みと同時に、SIMIのエンゲージド・メンバーにご登録いただいた場合には、エンゲージド・メンバー価格でのご受講が可能です。なお、別途年会費がかかります。メンバーシップ制度についてはこちらをご覧ください。
  • 受付完了後、請求書を送付させていただきますので期日までにお振込みください。

修了条件

  • 全6回講義のうち5回以上の出席、事前課題及び最終プレゼンテーションの提出をもって、修了証を発行します。
  • 各回、2時間以上の参加をもって出席とみなします。

申込方法

申込締切日までに、件名を【インパクト・アナリスト研修「実践編」受講申込】として、受講申込書を analyst@simi.or.jp までご提出ください。
受講申込書(Wordファイル)のダウンロードはこちら

申込期間

2022年7月15日(金)~8月14日(日)23:59 必着
※「基礎編」の修了者及び、「基礎編」に受講申込を行った際に当法人より「実践編」の受講を推奨された方については2022年8月4日(木)23:59まで申し込みいただいた場合、優先的に受講申込を承ります。

JOIN US

募集説明会

インパクト・アナリスト研修「実践編」の概要及びプログラムに関する募集説明会(7月21日開催)の録画をご覧いただけます。
当日資料はこちらからダウンロードいただけます。

FAQ

よくあるご質問

実践編に関するご質問やご不明点等はこちらのフォームまでお問い合わせください。

「実践編」は、インパクト・ファイナンスの基礎的な知識を習得した上で、インパクト・ファイナンス及びIMMをすでに実践しており研鑽を志向する、あるいは直近でかつ具体的に実践のご予定がある、金融・投資機関などの投融資を行う資金提供者を対象としています。すでに実践をされている方を優先といたしますが、現在、実践していなくても直近でかつ具体的に実践のご予定がある場合は、その旨を受講申込書にご記入ください。

「実践編」は、投融資を行う資金提供者を対象としていますので、助成を行う資金提供者は対象外となります。もし類似するお立場であったり、類似業務の具体的な予定があったりする場合は、その旨を受講申込書にご記入ください。

受講申込書に記載いただいた内容を踏まえ、受講対象者に該当するかどうか、書類審査を実施いたします。例えば、実際にはインパクト・ファイナンスを実践していても、その旨を受講申込書で確認ができないときは、受講対象外と判断する場合がございますので、受講申込書はより具体的に記載いただけますようお願いいたします。また、審査の過程で個別ヒアリングをお願いする場合があること、応募者の所属の偏りやジェンダーバランス等を考慮する可能性があることを予めご了承ください。

本研修では学びの質を高めるために、12名の定員を設けています。問③に記載のとおり、書類審査及び必要に応じて個別ヒアリングを実施し、その結果をもって選考をいたします。なお、選考結果に関するご質問はお答えできかねますので、あらかじめご了承ください。

「実践編」の受講資格として、「既にインパクト・ファイナンスにおける基礎的な知識を習得」としております。これはインパクト・アナリスト研修「基礎編」で取り扱うレベルとし、具体的には下記といたします。

  • ESG投資やSDGsの潮流などインパクト・ファイナンスを取り巻く背景と現状
  • インパクト・ファイナンスにおける資金提供者のあり方・役割
  • インパクト・ファイナンスに関連する受託者責任、マテリアリティ、サステナビリティ開示
  • インパクト測定・マネジメント(IMM)の目的、ステップ
  • パーパス経営、社会的連帯経済などのインパクト・ファイナンスを取り巻く周辺の動き

「基礎編」の修了要件は以下となっています。

  • 6回のうち5回以上の出席、事前課題及び最終レポートの提出をもって、修了証を発行します。

各回、2時間以上の参加をもって出席とみなします。

研修実施期間中、各回の録画動画及び資料は閲覧いただける予定です。欠席された回はもちろんのこと、各回のふりかえりにもご利用いただければと存じます。

受講者に別途ご案内いたします。ただし、ご所属の法人・組織によっては難しい場合もあるかと存じますので、個別にご相談いただければ幸いです。